MARS MARS

SOLUTIONMARS収支管理システム

プロジェクトの収支管理により見える化と分析を実現します

弊社の独自システム、MARS(Management Accounting Report System)収支管理システムは、受託型非製造業の戦略的な経営を強力に支援します。受託型非製造業とは受託業務のうち製品を納品するのではなく人の活動やそのノウハウを提供するビジネスを想定しています。
例えば、受託システム開発、印刷物の企画・デザイン・製作、内装工事などが該当します。

これらの分野は、原材料の加工による製造業にくらべて、人件費や外注費が原価の大半を占めることからシステム化が遅れていました。その為、受託業務の売上と原価をExcelで集計し収益を管理するのが一般的でした。Excelは誰でも使える一般的なツールですが、複数のブックを集計することや1つのブックを複数の人で共有するには適しません。

MARS収支管理システムは、プロジェクト単位や案件単位のご利用から企業全体の情報共有まで、幅広くご利用いただけます。本システムの活用により、原価管理などのプロジェクト収支管理業務の効率化が実現されるだけでなく、事業の「見える」化が推進され「事業の発展」と「計画に基づく安定した経営」が実現できます。

本システムでは、収支を管理する単位をプロジェクトと定義しています。

柔軟なスタート
お客様の現状ニーズに合わせてお手軽にスタート、段階的に利用範囲を広げていくことが可能です。

EASY(お手軽な利用)
プロジェクトの担当者、収支の責任者がすぐに利用開始
LIGHT(事務効率化)
売上単位を束ねる機能や外部への発注・支払業務
HEAVY(可視化)
全社経費の配賦や月次締めを行う機能・管理帳票の出力
PRO(拡張)
売上および外注費の仕訳作成機能・ユーザ固有機能の追加
  • 項番
  • 画面名
  • 機能概要
  • EASY
  • LIGHT
  • HEAVY
  • PRO
  • 1

  • ログイン
  • 認証を行う
  • 2
  • ポータル
  • お知らせ、業務の通知などを行う
  • 3
  • プロジェクト別損益入力
  • プロジェクト単位で売上と原価の入力を行い、損益を把握する
  • 4
  • 契約請求管理
  • プロジェクト・契約先単位で売上・契約・請求を紐づける
  •  
  • 5
  • 外注費支払
  • 当月計上した外注費と請求書を紐づける
  •  
  • 6
  • 外注発注手続
  • 発注関連書類作成に必要な情報入力、ワークフローによる申請・承認、発注関連書類作成を行う
  •  
  • 7
  • 帳票出力
  • 入力データをもとに、各種帳票の出力を行う
  • 8
  • 配賦管理
  • 収支責任者への配賦状況の集計を行い過不足を表示する
  •  
  •  
  • 9
    10
  • 部門締め
    全社締め
  • 対象年月における月締処理を行い、入力値を確定する
  • 11
  • マスタ管理
  • マスタの参照・登録を行う

凡例 〇:中心となる機能  ●:拡張により効果あり  △:一部利用

操作イメージ
財務会計の直接費用ではなく、理論的に計算された要員費や配賦額を使用します。
  • 項目
  • 意味
  • 説明
  • 利益
  • 売上 ー 原価
  • どの単位で利益の管理を行うかを決める
  • 売上
  • 契約と請求に基づいた月次の売上
  • 利益の管理単位と契約単位は必ずしも一致しないことがあるので複数の契約と紐付けができる

    原価

    • 要員費
    • 社内加工費
    • 人件費や要員に係るコストの月平均した仮単価を給与制度などを参考に複数のランクに分類して設定する
    • 外注費
    • 外注費
    • 直接の外部委託費を意味する
    • 経費
    • 製造経費
    • 直接の製造経費を意味する
    • 配賦額
    • 当該プロジェクトへの配賦額
    • 販管費および一般管理費などの全社経費と原価部門の間接費を収支責任単位やプロジェクト単位に分割して配賦する
ご提供機能のトピックス
1つのユーザIDに最低必要な権限を付与することで1人から利用可能です。

・トップ画面に各種実績をグラフで表示
・計画と実績を比較する帳票が出力
・各種帳票出力機能(売上一覧、支払帳票、仕訳データ)の出力
・契約と請求(入金予定日)を管理
・発注と支払を管理
・配賦額を集計する機能
・事業年度を切り替える機能
・複数年の利用により前年同月比など様々な分析
システム利用形態
高度なセキュリティのもとでクラウド上に配置したSaaS(Software as a Service)としてご提供します。 お客さまのご希望に合わせた利用形態でご提供します。

【シングルテナント】
独立したインスタンスで構成。独立性が高く自由度があり、
ご契約によっては個別機能の追加も可能です。

【マルチテナント】
インスタンスは独立していません。会社コードなどでの独立性を確保します。

【グループ企業様には】
グループ企業様にはグループで1つのインスタンスを用意し、
各会社様が会社コードで独立した環境を確保するご利用もできます。